低価格でも旅を楽しむなら格安バスを利用しよう

婦人

押さえておきたいポイント

バス停の男女

格安バスを選ぶ際にまず押さえておきたいのが、座席の数です。4列シートタイプがスタンダードとなっていますが、バス会社によっては2列シートタイプや3列シートタイプなどで提供されているケースもあるので要注意です。加えて、コンセントの有無やトイレの有無などもチェックする様にしましょう。

長距離の利用も可能です

バスの模型

格安バスは目的地までの交通費を大幅に抑えることができる手段です。主要のバスターミナルなどから地方の各方面へ利用が可能であるため、自身が行きたい場所に一番近い格安バスを選択するとよいでしょう。多くのバスが夜発で深夜に走行して目的地まで行きます。

旅費を抑えられる

旅行バッグと帽子を持つ人

旅行へ行く時の交通費を抑えたいと考えているのなら、格安バスの利用をおすすめします。これなら大幅に交通費を抑えることができますし、このバスに乗らないと楽しめないことだってあります。ネットでも色々と情報を集められるので、旅行の移動手段として考えてみてください。

圧倒的な低価格が魅力

旅行バッグ

人気路線がとにかく安い

東京、大阪間や東京、名古屋間など長距離の移動をリーズナブルに行う事が出来るのが格安バスです。格安という名称が付いている様に費用が魅力的なバスとなっており、その費用の相場としては同じ区間を新幹線や飛行機を使った場合の半額以下となるのが一般的な相場となっています。中には10分の1程度で利用が出来る格安バスの中でも特に格安なものもあります。具体的にエリア毎の相場を見ていくと、最も人気の高い路線の1つである東京、大阪間は新幹線や飛行機を使うと1万5千円程度となりますが、格安バスを利用すると5000円前後で利用が行え、中には2000円を下回る様な便も存在している状況です。2000円を下回る便は運行する時間が人気の無い時間帯であったり、深夜に発着するケースがありますが、その点さえ気にならなければ圧倒的に安い価格で利用が行えます。なお、格安バスは距離によって価格が決定されているというよりは需要に応じて価格が変わると言えます。人気の高い路線は高い搭乗率で多くの乗客を捌く事が出来る事から格安での運行が可能となっており、例えば、東京、大阪間よりも距離が短い東京、名古屋間や名古屋、大阪間の方が運賃が高くなるケースもあるのです。また、格安バスを利用する際に注意したいのが車内の設備です。格安バスは4列シートで運行されるのが一般的ですが、中には3列シートの便も運行されているなど掘り出し物もあるので注意深く探しましょう。